Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新中

更新中....

2012年のご挨拶

新年のご挨拶

香港11日目

香港10日目

今日の出来事
 ・HP/Blog更新


かなり更新していなかったHP/Blogを更新している。
旅で出会った人達が、心配してHPを見てくれているからだ。

「更新してない=震災に巻き込まれている」と誤解をさせては
申し訳ないので、慌てて更新中です。

私たちは、現在香港にいます。
帰国間近と思いながら、大混乱の関東に戻るべきか悩んでいます。

現在、滞在している香港はネット環境があるので、
日本のニュースは、リアルタイムに確認しています。

もうすぐ1週間、
少しずつでも、状況が良くなることを祈っています

旅の記録をまとめたHPはこちら。
■世界なかなか

香港9日目

今日の出来事
 ・チベット旅の予定


旅ももうすぐ終わり。
最後にチベットに行こうと考えていた。
前回2008年にチベット旅行を計画して時、日本出発当日に
チベットで暴動が発生して断念していたからだ。

ところが、
チベット旅行に必要なパーミットの発行が、3月中はストップしているらしい。
2年前の暴動が原因で、それ以降毎年同じ時期は、同じような対応が取られているらしい。
いつ復活するか未定で、さてどうしよう?という感じだ。

チベットは、かなり行きたい場所の1つだった。
タイミングが悪いというか、縁の無いなのかも。

旅の記録をまとめたHPはこちら。
■世界なかなか

香港8日目

今日の出来事
 ・地震が気がかり


地震発生から3日が過ぎているのに、
各地で孤立して、救出を待っている人が多くいるという。
一方で、原子力発電所の問題。
そして、付随して、関東地方では計画停電による問題が起きている。

否定的な見方だけど、
負の連鎖が止まらないように見える。

世界旅をしていると、停電にはしばしば遭遇する。
一番深刻だったのは、ネパールの数年にわたる計画停電。

私たちが訪れたのは、冬のネパール。
計画停電が、毎日6~8時間という有様。
最初、夕方ネパールの首都カトマンズに到着して、
あまりの暗さに恐怖を感じた。
ホテルのフロントにはロウソクがあるだけ。

慢性的な電力不足で、
数年に渡って計画停電をしているということを知らされてショックを受けた。
個人は、自家発電や、ロウソク+懐中電灯を準備して、意外に普通に暮らしている。
まぁ、旅をしている限りは、思ったより、不便は感じなかった。

ところが、インド・ネパール国境で問題が発生して、
インドから石油のタンクローリがやってこなくなった。
これは大変なことになった。
自家発電装置は石油で動いている。

電気はなくても、石油がないと、
交通機関はストップし、お湯を沸かすボイラーも使えない。
レストランも営業が厳しくなってくる。
生活にかなり支障が出てきた。

ガソリンスタンドは、
何日待ちかも分からない車の行列ができている。
これはネパールだから、こんなひどいことが起きているのだと思っていた。
もっと上手くできないものか、日本ならこんなことないと、その時は思っていた。

ところが、今日本で同じことが起きている。
私達のネパールとは比べ物にならないぐらい、
先進国の大都会、東京・千葉・埼玉・神奈川での計画停電は深刻だろう。
少なくとも2011年4月末までは計画停電が続くらしい、
帰国間近の私達にも無縁ではない。

旅の記録をまとめたHPはこちら。
■世界なかなか

香港5日目

今日の出来事

昨日、日本を大変な惨事が襲っていたことを、
今日夜遅くに知った。

------------------------------------------------------------
3月11日午後2時46分ごろ、マグニチュード9.0を記録する地震が
東北地方太平洋沖で発生し、停電や火災、津波などの被害が拡大。
------------------------------------------------------------

インタネットでニュースを見て、
ニコニコ動画に流れるNHKのニュースを見て、
その映像に、胸が詰まった。何が起きているのか?

香港のTVは、英語、広東語そして中国語(普通語)と言葉別にチャネルがあり、
どれも特番で日本の様子を伝えている。
信じられない映像が、ここでも目に飛び込んでくる。

大変な地震と、津波が、日本を襲ったことは分かっている。
でも、それにしても、なんてひどい映像なんだろう?
”日本沈没”という言葉が、脳裏をよぎった。

幸いにも、知人・親類は東北地方にはいないと思うけど、
そういう問題じゃない。
(私達、そして私達の家族は無事です。)

日本が心配だ。
少しでも多くの人が生きていますように。

旅の記録をまとめたHPはこちら。
■世界なかなか

デリー(再)1日目

◇今日のインド私感◇
宿のオーナ=シーク教徒のおじさんと話してたら、"It's cool !!"と言われて、すごい違和感を感じた。
英語を話すインド人はそこら中にいるけど、欧米ナイズされたインド人はあんまりいないから・・・。

今日の出来事
 ・ダラムシャラーDharamsala→デリーDelhi バス+鉄道移動 Part2
 ・さよならデリー、日本食食べ収め


夜行列車は、早朝4:30にデリー到着予定。
でも、パタンコット駅乗車時に2時間遅延していたから、6:30予定のはず。
6:00過ぎに車掌に聞いてみると「3時間遅延してるから、10:00予定ね」と。
え!どんだけ遅れてるの?
数回インドで鉄道利用しているけど、こんだけ遅延したのは初めて。
地元民も車掌に「XXX駅に何時につくか」と質問攻め。

そうインドの鉄道は、車内放送がない。
自分で到着駅を確認して、速やかに下車しないといけない。
"速やかに"とは、駅によっては停車時間が5分とないからだ。
しかも、駅にある駅名の表示が分かりにくいので、夜間や早朝到着時は、結構気を使う。

それでも乗り過ごすインド人は少ないみたいだ。
みんな結構前もって(30分以上前から)荷物を準備して、
いつでもREADYの状態で座席にちょこんと座っている。
そして駅到着10分以上前から、出口に並んで待っている。
そう、インド人は行動が早め早めなんです。

10:00デリー駅に到着したみたい。
でも、駅名がDelhi Jnとなっている、あれ?Delhi or Old delhiじゃない。
大都市にはいくつか駅があるから、車掌に確認するが、
「Delhi Jn=Delhi=Old delhiで、全部同じ駅だから」と説明された。
うーん、分かりづらい・・・電車の時刻表の記載ともリンクしてないし・・・。

デリー駅構内にあるマクドナルドで朝食を食べ、ニューデリー駅近くの馴染みの宿に向かう。
1週間前宿泊していて、口約束で予約しておいたんだけど、
さすがシーク教徒経営!?ちゃんと覚えていてくれて、チェックインもスムーズ。

にしても、デリー暑い。
っていうか、ダラムシャラーがよっぽど寒かったんだなぁ。
インド、日本の10倍の国土面積なだけあって、気温差が激しい。
ムンバイで汗だくだったのに、ダラムシャラーでは、ストーブの前で震えてた。
ちょっと不思議なのは、これだけ気温差があるのに、同じようなものを食べているってこと。
例えば寒い地域の人は、塩っぽい&辛いもので、暑い地域の人は、甘いもの・・みたいな地域差が生まれるような気がするけど、
インドは、どこ行っても辛いマサラ味なんだよね~たぶん。

旅の記録をまとめたHPはこちら。
■世界なかなか

ダラムシャラー6日目

◇今日のインド私感◇
インド完全敗北宣言。
マサラ味の基本インド飯を舌が受け付けません。
何度もチャレンジしてるけど、舌がピリピリして辛くて溜まりません。
マサラ味を食べれない私は、インド旅する資格なしです。

今日の出来事
 ・ダラムシャラーDharamsala→デリーDelhi バス+鉄道移動 Part1


のんびりと静養してたら、あっという間にダラムシャラーの5日間が終わっていた。
北上+標高2000M近いために、デリーよりぐっと気温が下がったダラムシャラー。
ダラムシャラーに行ったから体調を崩したのか?分からないけど、終始堰が止まらなかった私達。
のんびりと穏やかなダラムシャラーは、インド疲れを含めた静養に向いていた。

ダラムシャラーの第一印象は、
「あぁ山に囲まれているからか空気が美味しいな」
「自分に似た人がいる、なんかネパールみたい」って感じだった。

ダラムシャラーを去り、パタンコットまでたどり着いて思うのは、
「ダラムシャラーはインドではない!!」ってこと。
クラクションの聞こえないのんびりした町並み、優しく控えめなチベット系住民、
そして、牛がうろうろしてなくて、道にほとんどゴミが落ちていない。

ダラムシャラーから5時間バスに揺られて到着したパタンコット。
そこはインドで・・・なんか嫌になっちゃった。
人もオートリキシャーも野良犬もごちゃごちゃ、うじゃうじゃ。
バスターミナルのレストランで何か食べようと思っても、マサラ味の地元料理だけ。
インド人に嫌な思いさせられた~って訳ではないけど、あぁなんか疲れる。

パタンコットからデリーへは夜行列車で向かう。
超長距離列車じゃないけど、出発時間が2時間遅れ。私たちのインド鉄道経験では最も悪い遅延記録。
座席は、2A(2等寝台エアコン付)の窓際の2段寝台。
前回同様2Aは乗客の質が良いので、21:00過ぎには消灯して、みんな静かに眠りにつく。
「インド鉄道は盗難注意」と言われているので、本当はぐっすり睡眠しちゃいけないのかもしれないけど、
快適な寝台なので眠らないことの方が難しい。チェーンぐるぐる巻きで、今のところ盗難はなし。

旅の記録をまとめたHPはこちら。
■世界なかなか

クアラランプール(再)4日目

今日の出来事
 ・インド行きたくない病を治す(・・・努力をする) 


マレーシアの中華街では、飲茶が食べれる。
以前住んでいた台湾では、飲茶は昼食の定番だったが、ここマレーシアでは朝食の定番みたいだ。
5:00~10:00でないと、飲茶は食べれない。
マレーシアですっかり夜型になった私たちには、ハードルが高い食事。
結局、マラッカでは行くことができなかった。
マレーシア最終日に、ようやく飲茶を食べることができた。
味は・・・有名店だったけど、味濃・油多だったので、ちょっと不満。
早起きして、飲茶を食べれたってことに、自己満足。

午後は、ネットでインド鉄道のお勉強。
インドの鉄道はネット予約が可能なんだけど、なんせあの人口の割りに電車が少ないので、慢性的に混雑しているらしい。
どれどれ・・・とネットで検索してみると、げげげげげ=。
1週間後、2週間後でも、完売になっている路線がゴロゴロある。
どうしよ・・・、今回のインド、急ぎ足で旅する予定だったから。

直前に追加料金を払えば、外国人枠のチケットを購入することも可能って情報もあるので、
とにかく、明日インド入りしたら、鉄道のチケット抑えないと。
そうでなくても、年末年始だし、インドベストシーズンだから、早め早めに予約しないと結構大変そう。

明日は9:00過ぎのフライトなので、宿を6:00頃に出ないといけない。
早起きも、インド行きも、あぁ嫌なことばかりだ。
明日、うっかり寝坊しちゃっても、別にいいんだけどな・・・。

旅の記録をまとめたHPはこちら。
■世界なかなか

Appendix

ホームページもどうぞよろしく!

プロフィール

なかなか夫婦

Author:なかなか夫婦
2008年1月に出発した軟弱バックパッカー三十路夫婦。世界遺産をキーに世界を旅しました!

Blog スクスク育て

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
blogram投票ボタン
1日1回応援クリックお願いします。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。